FacebookやTwitterへの投稿

このトピックで解説するコマンドを使って、ステータス更新をFacebookやTwitterに即座に投稿できます。FacebookやTwitterの個人用ページを開く必要はありません。コマンドを実行するだけの簡単な操作です。Dragonが表示する確認ウィンドウ上で、投稿するテキストを音声入力したり編集したりすることができます。そして「OK」と言うかクリックすると、Dragonによって投稿が実行されます。コマンドを実行するためにFacebookやTwitterを開く必要はありません。Dragonがアプリケーションをコンピュータ上で開くこともありません。

あらかじめ音声入力、または選択したテキストを投稿できます。あるいは、投稿コマンドの一部として新しいテキストを音声入力して、投稿することができます。たとえば、「フェイスブックに投稿」または「ツイッターに投稿」と言うと、確認ウィンドウが開き、選択中のテキストまたは直前に音声入力するか選択したテキストがそこに表示されます。または、「ツイッターに投稿<メッセージ>」と言ってメッセージを投稿できます。

投稿するテキストを選択するときは、Dragon Pad、Microsoft Word、新規Outlookメッセージなどの編集可能な文書内で行う必要があります。Webページ上、PDF文書内、送信済みメッセージ内でテキストを選択しても、投稿のコマンドは機能しません。

投稿のコマンドを使うには、FacebookまたはTwitterのアカウントが必要です。

FacebookまたはTwitterに投稿するには

  • 次のいずれかの手順を行います。
  • 既に音声入力したか選択済みのテキストを投稿するには、「フェイスブックに投稿」または「ツイッターに投稿」と言います。
  • 「フェイスブックに投稿」または「ツイッターに投稿」に続けて「<メッセージ>」と言います。「<メッセージ>」は投稿するテキストです。 確認のウィンドウが開き、コマンドを通してDragonに認識されたテキストか選択中のテキストが表示されます。[Facebookに投稿] 確認ウィンドウは、たとえば次のように表示されます。または、
  • 「フェイスブックに投稿」または「ツイッターに投稿」と言って、テキストのない確認ウィンドウを開いてから、投稿する文面を音声入力することもできます。
  • [Facebookに投稿] または[Twitterに投稿] のウィンドウを開いた状態で、「改行」と言うかCtrl+Enterキーを押して強制的に改行します。
  • [OK] をクリックしてテキストを投稿します。
  • このコマンドの初回の実行時に、FacebookまたはTwitterの認証画面が表示されます。 資格情報を入力して、Dragonからのステータス更新の投稿を認証します。次回からは、Dragonに保存された認証トークンが使われ、テキストが自動的に投稿されます。
    テキストの投稿が完了すると、FacebookまたはTwitterに正常に投稿されたことを示すメッセージがDragonバーに表示されます。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 15:22:45 (363d)