キーボードのコントロール

ドラゴンスピーチの実行中は、音声でキーボードをコントロールできます。
キーボードをコントロールするには押すキーの名前(1つまたは複数) に続けて、
「を押す」、「をタイプする」、「のキーストローク」と言います。

操作言い方
「タブキー」(Tab)[を押す]、[をタイプする]、[のキーストローク]
「バックスペース」(Backspace)
「キャップスロックキー」(Caps Lock)
「エンター(キー)」(Enter)
「エスケープ(キー)」(Escape)
「スペース(バー)」(Space)
「プリントスクリーン(キー)」(Print Screen)
「スクロールロック(キー)」(Scroll Lock)
「ポーズ(キー)」
「ナンバーロック(キー)」(Num Lock)
「上矢印」
「下矢印」
「右矢印」
「左矢印」
「ホームキー」(Home)
「エンドキー」(End)
「ページアップ」(Page Up)
「ページダウン」(Page Down)
「インサートキー」(Insert)
「デリートキー」(Delete)
「ファンクション1」〜「ファンクション12」
「テンキー」に続けて任意のテンキー名:「0」〜「9」、「ピリオド」(.)、
「スラッシュ」(/)、「アスタリスク」(*)、「マイナス」(−)、「プラス」(+)、
「エンター」(Enter)
「シフト」(Shift)、「コントロール」(Control)、「アルト」(Alt)、
あるいはその組み合わせに続けて他のキー
「ウィンドウズ(キー)」(Windows)
  • メモ
    • 修飾キー(Shift、Control、Alt)の任意の組み合わせと、任意の文字、数字、記号、矢印の各キーなどに続けて、「を押す」、「をタイプする」、「のキーストローク」と言うことができます。
    • 「タブキーを押す」と言ってダイアログボックスやリスト内を移動し、「エンターキーを押す」と言って項目を選択できます。

マウスの移動(上下左右)

マウスポインタコマンドを使用して、マウスポインタを上下左右に移動できます。

最初に方向を言う次に速さを言う(オプション)次に言う
「上に」
「下に」
「左に」
「右に」
「左上に」
「左下に」
「右上に」
「右下に」
「速く」
「さらに速く」
「もっと速く」
「ゆっくり」
「さらにゆっくり」
「もっとゆっくり」
「移動」

マウスポインタの移動中に速さのコマンドを言うと、マウスポインタの動きを速くしたり遅くしたりできます。

例:
「下に速く移動」
「右下にさらに速く移動」
「上にさらに速く移動(間をあける) ゆっくり移動(間をあける) ストップ」

マウス動作の停止

マウスポインタの移動中に次のコマンドのうち1つを使用すると、マウスの動きを止めることができます。

  • 「ストップ」
  • 「キャンセル」

マウスグリッドによるマウスポインタの移動

マウスグリッドを使用すると、マウスポインタを画面の任意の場所に移動できます。この移動は、画面全体またはアクティブなウィンドウに対して相対的に行うことができます。

マウスグリッドでポインタを移動するには
1. 「マウスグリッド」と言ってマウスグリッドを画面全体に配置するか、[マウスグリッドウィンドウ] と言ってマウスグリッドをアクティブなウィンドウ上に配置します。
マウスグリッドは、画面またはウィンドウを9つの番号付きエリアに分割します。
2. 番号(1〜 9) を言うと、マウスポインタがその番号のエリアに移動します。別の場所に移動するには、移動先エリアの番号を言います。
1つ1つの番号を言った後に、少し間をあけてもかまいません。

マウスのクリックとドラッグ

音声でマウスのクリックやドラッグができます。

  • マウスのクリック
最初に言う次に言う次に言う
「マウス」「クリック」
「ダブルクリック」
「右クリック」
「左クリック」
-
「シフトキー」
「コントロールキー」
「マウス」「右クリックを押す」
「左クリックを押す」

例:
「マウスダブルクリック」
「マウス右クリック」
「シフトキーマウス右クリックを押す」
「コントロールキーマウス左クリックを押す」

  • マウスのドラッグ [オプション] ダイアログボックスの[コマンド] タブで[マウス用の音声コマンドを有効化]チェックボックスをオンにしている場合は、次の移動コマンドを使用できます。
最初に言う次に方向を言う次に速さを言う(オプション)次に言う
(移動の場合は方向から言い始めます)
「コントロールキーで」(コピーの場合)
「上に」
「下に」
「左に」
「右に」
「左上に」
「左下に」
「右上に」
「右下に」
「速く」
「さらに速く」
「もっと速く」
「ゆっくり」
「さらにゆっくり」
「もっとゆっくり」
「ドラッグ」

マウスポインタの移動中に速さのコマンドを言うと、マウスポインタの動きを速くしたり遅くしたりできます。また、動作の目的によって、「アルトキーで」、「シフトキーで」などと言うこともできます。

例:
「下に速くドラッグ」
「右下にさらに速くドラッグ」
「上にさらに速くドラッグ(間をあける) ゆっくり移動(間をあける) ストップ」
「シフトキーで上にドラッグ」

  • マウス動作の停止 マウスポインタの移動中に次のコマンドのうち1つを使用すると、マウスの動きを止めることができます。
    • 「ストップ」
    • 「キャンセル」

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 15:22:45 (363d)