既存のマイコマンドの編集

既存のカスタムコマンドは、次の方法で変更できます。


マイコマンドを編集するには

1. Dragonバーのツールメニューで、[コマンドブラウザ] をクリックするか、「コマンドブラウザを開く」と言います。
2. 開いている[コマンドブラウザ] ウィンドウで、[スクリプト] ボタンをクリックします。
3. 現在のコマンド文法リストを使用して、目的のコマンドを探すプログラムまたはコンテキストを選択します。
4. 編集するコマンドをリストから探します。そのためには、コマンド文法の横にあるプラス記号(+) をクリックしてリストを展開し、コマンドを選択します。
5. タスクペインの[編集] ボタンをクリックします。
6. [マイコマンドエディタ] ダイアログボックスが開き、そのコマンドが表示されます。このダイアログボックスを使用して、コマンドの属性または内容を必要に応じて変更し、[保存] をクリックします。


マイコマンドの例

ドラゴンスピーチには、各タイプのマイコマンドのサンプルが用意されています。これらのコマンドはコマンドブラウザで確認できます。ただし、ドラゴンスピーチのエディションによっては、一部のコマンドタイプが使用できない場合があります。

1. コマンドブラウザを開きます(「コマンドブラウザを開く」と言うか、Dragonバーの[ツール]メニューで[コマンドブラウザ] をクリックします)。
2. [コマンド管理] ボタンをクリックします。
3. グループリストで、[サンプル] を選択します。
4. グローバルコマンドとMicrosoft Paintの左側にあるプラス(+) 記号をクリックすると、サンプルコマンドが表示されます。
   表示されるサンプルコマンドの数は、ドラゴンスピーチのエディションによって異なります。
5. 閲覧するサンプルコマンドの左にあるボックスをクリックします。すると、そのコマンドが選択されたことを示すチェックマークが表示されます。
   コマンドはいくつでも選択できます。
6. タスクペインの[コマンド管理]の下にある[スクリプト] をクリックし、コマンドブラウザのスクリプトエリアでコマンド名が選択された状態で、[編集] をクリックします。
   [マイコマンドエディタ] ダイアログボックスが開き、選択されたコマンドの内容が表示されます。
7. いったん[マイコマンドエディタ] ダイアログボックスを閉じ、[文法] ボックスで、(まだ選択されていなければ) [Microsoft Paint] を選択します。
8. [マクロのサンプル] を選択し、[編集] をクリックします。
   Microsoft Paintに図を描画するサンプルアクションが、マイコマンドエディタに表示されます。

サンプルの説明

・Windowsスクリプトホストのサンプル(アドバンススクリプトコマンド)
「Windowsスクリプトホストのサンプル」というコマンドを言うと、コンピュータ名の記されたメッセージボックスが表示されます。
・スクリプトのサンプル(アドバンススクリプトコマンド)
「スクリプトのサンプル」というコマンドを言うと、「Hello, world!」と記されたメッセージボックスが表示されます。
・テキストと画像のサンプル(テキストと画像コマンド)
「テキストと画像のサンプル」というコマンドを言うと、次のテキストとビットマップが文書内に挿入されます。
・ステップのサンプル(ステップバイステップコマンド)
「ステップのサンプル」というコマンドを言うと、支出レポートが次の手順で作成されま す。

1. Windowsのメモ帳を開きます。
2. メモ帳が開くまで2秒待ちます。
3. 「経費報告書」と入力し、改行を2回行います。
4. 「宿泊代:」と入力し、改行します。
5. 「交通費:」と入力し、改行します。
6. 「食事代:」と入力し、改行します。
7. 「その他:」と入力し、改行します。
8. 「宿泊代:」の右側にテキストの挿入ポイントを移動します。

・ユーザーダイアログスクリプトのサンプル(アドバンススクリプトコマンド)
デスクトップ上の任意の場所をクリックし、「サンプルユーザーダイアログスクリプト」というコマンドを言うと、名前を入力できるダイアログボックスが表示されます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-24 (水) 15:22:45 (363d)